脱毛サロンの掛け持ちをしている人っているの?

脱毛サロンの掛け持ちをしてもいいの?

口コミで「脱毛サロンを掛け持ちしている」という方を見かけることがあります。

 

それってどうなんだろうと?と思った方もいらっしゃると思いますので、脱毛サロンを掛け持ちすることのメリット・デメリットは一体何なのか挙げてみました。

 

脱毛サロン掛け持ちのメリット

 

自分に合わせて納得のケアができる

「肌の強いところは値段重視でこのお店でやりたいけれど、弱いところはケアが丁寧なここがいいな」というように、自分の体の状態などに合わせてお店を選ぶことができます。

 

うまく掛け持ちすればお得

脱毛サロンの多くは、部位ごとに施術の値段が違います。

 

例えば、腕の脱毛が安いサロンAと脚の脱毛が安いサロンBをそれぞれ掛け持ちすることで、どちらか一方のサロンでまとめて施術を行った時よりも安く、腕と脚の両方を脱毛することが可能になります。

 

掛け持ちのデメリット

 

入会金が別々にかかる

今の脱毛サロンは、入会金を取るところは少なくなってきていますが、一部のエステ系サロンで脱毛するのなら、必要になる時もあります。

 

こちらは事前に説明をされますので、確認をとってください。

 

その場合、2つのお店を掛け持ちすれば、それぞれ入会金がかかってしまいます。

 

入会金がゼロになったり安くなったりするキャンペーンが行われている時がありますので、掛け持ちを考えている人はそうした時を逃さずに入会するのが良いでしょう

 

予定を組むのが大変

一番ココが厄介なのではないでしょうか。一つのサロンで脱毛している場合と違い、掛け持ちしている場合は自分で予定を調整しなければなりません。忙しい人にとっては少し面倒かもしれませんね。

 

昨今、時短脱毛が謳われているのにこれだと真逆ですよね。

 

以上が脱毛サロンを掛け持ちすることのメリットとデメリットです。

 

まとめ

 

脱毛サロンを上手く掛け持ちすれば、お得に脱毛が出来ると言えるでしょう。特にキャンペーン中に契約することでぐっと安くなる場合があります。

 

ただ、注意していただきたいのは、掛け持ちする場合、他で行った部位を脱毛できるのは少ないようです。これはサロンによっても変わってくるでしょうが、ミュゼやエピレ、銀座カラーなどの大手サロンではできません。(あくまでも、キャンペーンを利用して脱毛した場合です。)

 

ですが、これも自己申告しなければわからないのではと思っています^^;

 

そこはご自身の判断になりますが、ちなみに知り合いは、まったく気にせず掛け持ちしていますが、最近は時間の調整が大変と言ってます^^;

 

今はいかに時短で脱毛ができるように、各サロンでも最新脱毛器を導入するぐらいですから、個人的な感想ですが掛け持ちは結構大変だと思います。

 

それに他社からの乗り換えキャンペーンなどを旨く利用すれば割引率は高いのではと思ったりもしますし。

 

時間的に余裕がある人以外はあまりおすすめできない方法です。

関連ページ

脱毛サロンに通う間隔は2〜3ヶ月が適切なの?
脱毛サロンに通う間隔は2〜3ヶ月が適切なのかと言った疑問について掲載しています。毛周期で通う理由は?脇脱毛の毛周期は?
色素沈着のある肌は脱毛できない?
色素沈着のある肌は脱毛できないのでしょうか?また、色素沈着を起こさせないムダ毛処理についても掲載しています。こちらをご覧ください。
指脱毛のような小さなパーツのみ脱毛したい!
指脱毛や手の甲のような小さなパーツのみ脱毛したいけど気が引けるって方いらっしゃいますよね。全身脱毛が主流の今、小さなパーツのみの脱毛は可能なのでしょうか?

このページの先頭へ戻る